キャリアコーチングで悩みを解決!メリット・デメリットもご紹介。

  • 2021.07.28

目次

目次を開く

こちらの記事をご覧いただいている人の中には、「自分のキャリアに悩みがある」「キャリアコーチングが流行っているけど何?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、キャリアコーチングの種類や使うメリット・デメリットなどについて、ご紹介します。
この記事を読んで、あなたに合ったキャリアコーチングを見つけてくださいね!

キャリアコーチングを受けた方がいい人の特徴

キャリアコーチングはキャリアについての相談を担当のコーチと個別でおこなえるサービスです。

大きな特徴としては、お客様が料金を支払う代わり転職を前提としないサポートを受けられることです。

キャリアコーチングを受けるなら、以下の特徴のどれかに当てはまる人がオススメです。

    • このままでいいのか?今後が漠然と不安の人
    • 転職エージェントに相談に乗ってもらえない
    • 求人が膨大すぎて絞り込めない
    • 自分が何が向いているのか・したいのかわからない
    • 転職でミスマッチ・失敗を起こしたくない
    • 将来を逆算し戦略的キャリアプランを持ちたい

キャリアコーチングは上記のような漠然とした不安でも相談にのってくれます。

自分の職歴に自信がなかったり、長い空白期間がある人でも相談を受け付けているので、多くの人が利用可能です。

キャリアコーチングに興味がある人は、有料キャリアコーチングのマジキャリにお問い合わせください。

キャリアコーチングを使うメリット

キャリアコーチングを使うことで、以下のようなメリットを得られます。

    • キャリアのプロに安心して相談ができる
    • 質の良い自己分析ができる
    • 自分にマッチした求人を絞れる
    • 選考通過率・内定通過率が上がる
    • 自分自身の思考の整理ができる

キャリアのプロに安心して相談できる

キャリアコーチングはお客様が料金を支払う形式が故に、キャリアについての悩みを安心して相談できます。

同じようにキャリア相談サービスというと転職エージェントがありますが、転職エージェントは企業から報酬をもらう形になっている関係から、お客様にとって本当に良い求人よりも受かりそうな求人を紹介してくる場合もあります。

事実、転職エージェントを利用した人の中には、とにかくたくさんの求人は紹介してもらえたが、自分の求めている求人ではないものが大半だったという意見もあります。

もちろん全ての転職エージェントがそういうわけではありませんが、一定転職エージェントに良い印象を持っていない意見を見てしまうと、転職エージェントに対して疑心暗鬼になってしまいますよね。

同じようにハローワークの転職相談にもあまり良い話はなく、転職相談サービスそのものに疑いの目を持ってしまうのは当然でしょう。

キャリアコーチングなら、お客様が料金を支払うことでお客様本人が顧客となるので、結果として良いサービスを提供しないといけないという使命があります。

また、転職エージェントのように転職を前提としていない人でも相談できるのも特徴です。例えば以下のような悩みに対しても、キャリアコーチングは相談可能です。

    • 将来何をしたいのかわからない
    • 自分に向いている仕事がわからない
    • キャリア設計をしたい

上記のようなキャリアに対して漠然とした悩みでも、キャリアコーチングは相談することができます。

質の良い自己分析ができる

キャリアコーチングでは、深掘りした自己分析を徹底しておこないます。この深掘りした自己分析をおこなうことで、以下のような効果を得られます。

    • 将来のビジョンが明確になる
    • 向いている仕事がわかる
    • 自分が何をしていきたいのかが明確になる

自己分析することで、自分がやりたいことや進みたい道が明確になり、今後転職するとしても軸をブラさずにキャリア形成していけます。

多くの転職者はこの深掘りした自己分析をおこなわずに転職活動を進めてしまうので、自分の本当にやりたいこととズレてしまっているなどミスマッチをおこしてしまいます。

深掘りした自己分析をおこなうことで、自分が本当にやりたいことなどをスッキリとまとめられ、戦略的に転職活動を進められます。

自分にマッチした求人を絞れる

キャリアコーチングでは法律上求人の紹介はできませんが、お客様にマッチしていそうな求人はどういったものかを一緒に探っていけます。

ネットなどの求人サイトを見てお客様が気になった求人をいくつかコーチに見せてみることで、コーチと一緒にお客様にとってオススメな求人を絞り込んでいけます。

選考通過率・内定通過率が上がる

キャリアコーチングでは、キャリア相談の他に転職を希望している人に向けて面接対策などの転職支援をしている場合があります。

キャリアのプロであるコーチに転職支援してもらうことにより、書類選考通過率や内定獲得率を高めることができます。

自分自身の思考の整理ができる

キャリアについて考えたり、転職活動していくにあたり自分の思考が1つにまとまらずに多方面に目を向けてしまうこともありますが、キャリアコーチングを利用することで思考をまとめられます。

ご自身で出したいくつかの選択肢の中で、どれが自分にとって相応しいのか答え合わせすることもできます。

また、転職活動していくならどういった方法で進めていくのが良いのかなど、ご自分では分からない点もキャリアコーチングで知ることができます。

キャリアコーチングで「転職支援をしてほしい」「やりたいことを見つけたい」「将来設計をしたい」と思う人は、有料キャリアコーチングのマジキャリをご利用ください。

現在、初回限定でコーチングが無料なので、体験してみて自分に合うか検討することができます!

キャリアコーチングを使うデメリット

キャリアコーチングでは、以下のようなデメリットもあります。

先ほど紹介したメリットと天秤にかけてみて、キャリアコーチングを利用するかどうか決めてください。

    • 個人で費用がかかる
    • 自身の予定を抑えなければならない
    • トレーナーの質や相性がある

詳しく解説していきます

個人で費用がかかる

キャリアコーチングではお客様がご自身で費用を負担します。世の中には転職エージェントのようにお客様は無料で利用できる転職相談サービスがありますが、これはそれぞれのビジネスモデルが関係しています。

転職エージェントは、先ほども紹介したように企業から報酬をもらっています。それというのも、転職エージェントが紹介した人材が企業から内定をもらったときに、内定を出した企業から人材を紹介したお礼として報酬をもらっています。

このビジネスモデルの関係上、転職エージェントによってはお客様に対して最良な求人を紹介するのではなく、とにかく受かりそうな求人を大量に紹介する転職エージェントが存在するわけです。

キャリアコーチングはお客様が料金を払う反面、キャリアについてフラットに相談できるといったメリットもあります。

自身の予定を抑えなければならない

キャリアコーチングは1〜2ヶ月ほどのコースで受講することがほとんどです。その間コーチから宿題を渡されることもあり、自分の予定をある程度抑える必要があります。

コーチから渡される宿題はどれも重要なものではありますが、忙しくなかなか時間を取れない人には難しいサービスです。

トレーナーの質や相性がある

キャリアコーチングは専任のキャリアコーチが1人担当になるので、その担当になったコーチとの相性でどうしても質は分かれます。

自分にとって相性の良いコーチであれば満足いくサービスを得られる可能性は高いですが、反対に相性の悪いコーチが担当になってしまうと、大した満足感を得られずに費用だけ払ってしまうという可能性もあります。

キャリアコーチとの相性を測るには、まず初回無料コーチングを受けてみて相性を確認してみるのが良いです。

マジキャリでは、初回のコーチングを無料で受けることができます。そのため、コーチが自分と相性が良いか見ることができますよ!

自分にとって相性が良いと思えるコーチと出会えたなら、そのキャリアコーチングを利用するのが良いでしょう。

キャリアコーチングサービスのタイプ

キャリアコーチングには、以下2つのサービスタイプがあります。

    • パーソナルトレーニング型
    • スポット型

以下からそれぞれのサービスタイプについて詳しく解説していきます。

パーソナルトレーニング型

パーソナル型は、お客様とキャリアコーチの1対1でセッションを進め、1〜2ヶ月など長期的に決まった期間セッションを実施していくタイプです。

長期的にご自身のキャリアに向き合いたい人にオススメな型ですね。

多くのキャリアコーチングは2ヶ月で約8回のセッションをおこない、費用は20〜45万円ほどかかります。費用面を見ると高く感じますが、パーソナルトレーニング型のキャリアコーチングは、それだけ密なセッションをおこなうことができます。

また、セッション以外にも個人チャットでのキャリア相談ができたりと、手厚いサービスを受けることができます。

スポット型

スポット型は30〜60分の1セッションごとに5000円〜30000円の料金を支払う型です。

パーソナルトレーニング型と比べたら費用が安いのが特徴ですが、セッション以外の時間では個人チャットのような相談できるサポートがありません。

長期的にセッションをおこなう訳ではないので、コーチングというよりかはQ&Aに近い方式です。

すでに知りたい情報があったり、相談したい内容が明確になっている人であれば、比較的安価で相談できるのでオススメです。

キャリアコーチングサービスの比較

パーソナルトレーニング型のキャリアコーチングは、それぞれ以下のように料金と期間が設定されています。

キャリアコーチングサービス 料金 期間・回数 オススメな人
マジキャリ 275,000円
440,000円
660,000円

+入会金50,000

※全て税込です。
35日(5回)
75日(10回)
75日+3ヶ月(15回)
・キャリアコーチング サービスに不安を感じる人(顧客満足度92%)
・自分の特性や悩みにあった専任アドバイザーを選定してほしい人
・自分が納得するまでサービスを受けたい人(延長可能)
me:Rise 42,900円
72,600円
60分x3回
60分x6回
・業界・業種の経験者からのキャリアコーチングを受けたい
・自分にあったキャリアコーチングプランを料金別で選べる
・自分でキャリアコーチを選びたい
ポジウィル 330,000円
495,000円
660,000円

+入会金55,000円

※全て税込です。
35日(5回)
75日(10回)
75日+1年間サポート(12回)
・専属トレーナーに徹底的な深掘りをしてもらいたい人
・独力では難しいことを二人三脚でやっていきたい人
my buddy 1回3000円 月2回程度 ・様々な業界に精通したコーチの話を聞きたい人
・オンラインで簡潔に進めたい人
GOODDAY 1回6,050円 /50分 予約制でいつでも可 ・自分でコーチを選びたい人
・オンラインで進めたい人
Mento 5,000円〜30,000円(コーチの経験により異なる) 選択式 ・コーチ全員がコーチングの専門スクールでトレーニングを受けており、選考通過率10%という安心感がある
・登録後にあなた自身とコーチングについてのアンケートを答えると顧客にあったコーチをオススメしてもらえる

上記の一覧を参考にし、ご自身合ったキャリアコーチングを見つけてください。

マジキャリなら、転職支援実績が豊富な元転職エージェントやコーチングの資格を持ったキャリアのプロがあなたに専属でサポートします。

転職・キャリアで悩んでいるのならキャリアコーチングを利用すべき

「転職したほうが良い?」や「自分が何をしたいのかわからない」など、キャリアについて悩んでいるなら、キャリアコーチングの利用がオススメです。

誰にも相談はできないけどキャリアについて何かしらの悩みがあるなら、キャリアコーチングで解消できる可能性が高いです。

キャリアコーチングはプロのキャリアコーチが第三者目線でお客様の悩みが解決できるようにアドバイスしてくれます。

転職を前提としていないサービスなので、キャリアについての悩みであれば誰でも相談できるのも良いところですよ。

豊富な経験と徹底した自己分析で、お客様にとって最良なキャリア設計を立てることができます。

キャリアコーチングならマジキャリがオススメ

キャリアコーチングを利用しようと考えているなら、弊社アクシスが運営するマジキャリをぜひご利用ください!

弊社アクシスでは年間約3000人の転職者を支援してきた確かな実績があり、お客様に寄り添ったサービスを提供することをモットーとしています!

お客様1人1人の相談したい内容を丁寧にヒアリングし、お客様が抱えている悩みを解決できるよう徹底したサポートを実践しています!マジキャリでは具体的に、以下のようなサポートおこなっています。

    • 徹底的に深掘りして自己分析
    • 中長期的なキャリア設計の手助け
    • 書類選考や面接対策などの転職支援

マジキャリはパーソナルトレーニング型のキャリアコーチングとして、長期的に渡りお客様の「ありたい姿」を明確にします。それを明確した後、今後どうしていくのかといった、中長期的なキャリア設計のアドバイスをさせていただきます。

セッションを重ねていくにつれて、お客様が転職を目指すことになったとしてもマジキャリでは転職支援もおこなっています。

弊社アクシスでは、キャリアコーチング事業の他に転職エージェント事業もおこなっています。そこで培った転職ノウハウはマジキャリにも受け継がれていて、より専門的な転職支援をおこなえる強みがあります。

お客様にとっての最良なキャリアとは何なのか。それを見つけるための手助けをさせていただけませんか?

この記事をシェアする

この記事を書いた人

末永 雄大Yuta Suenaga

アクシス株式会社 代表取締役
リクルートキャリア、サイバーエージェントを経て、2012年に同社を設立。 月間40万PVを誇る転職メディア「すべらない転職」やキャリアの有料パーソナルトレーニング「マジキャリ」を通じて20代のビジネスパーソンを中心にキャリア支援を行う。

この記事と同じカテゴリーの記事