女性におすすめのキャリア相談は?年齢別のよくあるお悩みも解説

  • 2021.08.23

目次

目次を開く

結婚や妊娠・出産・子育てなどのライフイベントをきっかけに自分らしい働き方について悩む女性のビジネスパーソンは多いです。

「このままの働き方で良いのだろうか?」「一度職場を離れたけれど復帰したい」「家庭と仕事の両立はどうすれば?」と一人で抱え込まずに、気軽にキャリア相談を受けてみましょう。

この記事では悩める女性に向けたキャリア相談について、概要から相談内容、どこで受けられるのか?など詳しく解説します。

女性でよくあるキャリア相談

働いている女性も、これから働こうと思っている女性も仕事・キャリアに対する悩みは尽きません。女性のキャリア相談でよくあがる相談内容をまとめてみました。

今後のキャリアが不安

今の職場への不満や、結婚や出産など将来的なライフイベントを踏まえて仕事を続けていけるのかどうかなどの漠然とした悩みです。

何か目指すべきもの、実現したい目標があれば良いですが、明確な「やりたいこと」がないため、現状に不安を抱く人が多くいます。

自分のキャリアを整理したい

過去の業務経験や資格・スキルなどを整理して、今後のキャリアプランを検討したいという相談です。

転職を前提とするものではなく、理想のキャリア像を実現するための自己分析としてキャリア相談を利用します。

第三者的な視点でキャリア開発のアドバイス・支援を受ける場合に相談される人が多いです。

転職・就職活動へのアドバイスが欲しい

実際に転職・就職活動を始めたものの上手く進まない、初めてなので何から手を付けたら良いのか分からないといった相談です。

希望条件に見合った求人探しから、応募書類の添削、面接のアドバイスなど、より具体的なアドバイスや情報提供を求めて利用する人もいます。

実際にキャリアコーチングサービスのマジキャリに相談に来るお客様も上記のような悩みを持った人が多いです。一人でため込まず、ぜひ一度相談してみてください。

女性のキャリア相談で解決できること

キャリア相談をすることでどのようなメリットが得られるのでしょうか?代表的な例は以下の通りです。

仕事に対する考え方、価値観が整理できる

キャリア相談を受けることで直面する悩みを解消できるのはもちろん、自分の大切にしたいこと・考え方を明確にすることができます。
キャリアの軸がしっかりしていれば、将来的に起こりうる様々な障害に対しても自立的に解決しやすくなります。

キャリアに対するモヤモヤが解消できる

漠然とした不安を感じている、なんとなくしんどいなど、モヤモヤと人に説明できない悩みもキャリアコンサルタントとの対話を通して言語化することができます。何に悩んでいるのかが明確になるので、悩みを課題として捉え、解決に向けた具体的な対策・プランを実行しやすくなります。

目標とするキャリア像に向かって具体的な行動を起こしやすくなる

キャリア相談ではキャリアコンサルタントと自己分析を通して業務スキルの棚卸しや、目標のキャリア像を作成しながら、具体的なキャリアプランを作成します。
現在の自分の業務経験・スキルなどの立ち位置と、目標とするキャリア像とのギャップが明確になるため、ギャップを埋めるための具体的な行動計画を立てられることがメリットです。
一つ一つ着実に計画をこなすことで、効率的なキャリア形成ができます。

キャリアコーチングサービスのマジキャリではお客様の価値観や強みを徹底的に洗い出した上で、具体的な目標を立て、キャリアプランを作成することができます。

キャリア相談をする女性の特徴

キャリア相談を利用している女性は新卒~40代まで幅広く、悩みも多岐に渡ります。ここからは各年代・ライフステージに立つ女性が、どのような悩みを相談しているのかを紹介します。

働いている女性(新卒~20代の若手社員)

大学を卒業後の新人時代~働き盛りの20代の若手社員の悩みは、職場・担当する業務に関するものが多いです。

    • 今の仕事が向いているかどうか分からない
    • 職場の人間関係
    • 専門性の身に付け方
    • 結婚や出産などライフイベントを迎えて今の仕事を続けられるか

現状をより良くしたい、さらに発展・飛躍するためにはどうすれば、といった悩みを、社内の人間ではない第三者からの視点からアドバイスを求めて相談に来る人が多いです。

働いている女性(30~40代)

30~40代になると、リーダーとしてチームをまとめてプロジェクトを動かしたり、管理職として複数人の部下をマネジメントする業務も多くなります。同時に責務の大きさと自身のスキル・経験とのギャップに不安を抱える人も多くなる年齢でもあります。

また、仕事と家庭の両立、育児や介護で思うように働けないなど複数の悩みを同時に抱えることが多いのも特徴です。

    • 昇給、昇格の悩み
    • リーダー、管理職として自信がない、マネジメントの悩み

社内にロールモデルとなる女性がいる場合は直接話を聞くこともできますが、現実には中々身近におらず話を聞きづらいです。
カウンセラーは元々サラリーマンとして働いていた場合も多く、社会人経験は豊富です。

また多くの相談者と日々話をしているからこそ過去の相談事例から的確なアドバイスをもらうことができます。

転職・就職活動中の女性

転職を考えている、転職活動をしているが中々上手くいかない、などの悩みを抱えている女性もキャリア相談に来るお客様の中にはいます。

    • 今までの経験やスキルを活かして、どんな仕事が向いているのか?
    • 採用者の目に留まる自己PRを考えたい
    • 面接を上手く進めるためのコツが知りたい

カウンセリングの相談先サービスにもよりますが、スキル・希望条件に合う求人の見つけ方、業務経歴の棚卸しや強み・自己PRの整理、応募書類の添削や面接のアドバイスなど幅広い支援が可能です。

一般的にキャリア相談を利用することで、書類選考・面接通過率や合格率が向上します。転職を効率よく進めたいなら、キャリア相談をぜひ前向きに利用してみましょう。

妊娠・育休・子育て中の女性

妊娠・育児で一度職場を離れてしまったが再度復帰したい、子どもが小さいうちは手がかかりどう両立したら良いのか分からない、など女性特有の悩みです。
男女平等が進んではいますが、勤務先の制度や活用状況次第では悩みを抱える女性は多くいます。

    • 今の職場には子育てを支援する制度が整っていない
    • 仕事と子育てをどう両立するのか
    • 職場復帰に向けた準備
    • パートナーとの関係について

ブランクの長さに関わらず、復帰に対して不安を抱えるのは当然です。目標とするキャリアを諦めてしまう前に上手く軌道修正するためにも、積極的にキャリア相談を利用しましょう。

また、これから妊娠・出産を控えた人が転職すべきかどうか、タイミングを悩むケースもあります。ライフイベントとキャリアのどちらを優先したらいいのかといった悩みです。
自分の価値観や軸を元に最適な選択ができるように、カウンセラーの意見を聞くのもおすすめです。

専業主婦の女性

一度も社会人経験が無かったり、社会人生活を長く離れてしまっている場合は、どんな仕事ができるのか悩むことも多いでしょう。職種や仕事内容、スキルはもちろん、税金や保険など社会制度を含めて、1から情報収集するのは骨の折れる作業です。

また、どんな仕事が向いているのかは、過去の経験や自己分析などのワークを通して総合的に判断するもので、客観的な視点を入れながら最適な選択肢を検討することが大切です。

    • どんな仕事ができる?
    • 夫の転勤や駐在によるキャリア形成のしにくさ

家族や友人に相談するのも良いですが、多くの転職者を支援し豊富なノウハウ・実績を持つカウンセラーであれば必要な情報をピンポイントで提供することが可能です。一人ひとりの事情に真摯に寄り添い、きめ細やかなサポートを受けられます。

女性におすすめなキャリア相談先

実際にキャリア相談を受けようと思う場合、まずはキャリア相談先を探しましょう。ここからは女性におすすめなキャリア相談先を紹介します。

有料キャリア相談サービス

専属のキャリアコンサルタント・トレーナーとともに時間をかけ徹底した自己分析や、キャリアプラン作成ができるのが特徴の有料サービスです。

「どんな仕事が向いているのだろう?」「経験やスキルを活かすためにはどうすれば?」「結婚や出産でキャリアはどうなる?」といった転職を前提としない相談もできます。

結婚や出産など女性特有の悩みも女性特化サービスの利用や、女性コンサルタントへの相談で解決までもスムーズです。

マジキャリなどの多くのキャリア相談サービスは初回限定で無料コーチングもおこなっているため、キャリアに不安を持っている人はぜひ相談してみてください。

キャリアコーチングの詳しい説明はこちらの記事に、詳しく掲載しておりますので併せてご覧になってください。

キャリアコーチングで悩みを解決!メリット・デメリットもご紹介。

転職エージェント

リクルートやdodaなどの転職エージェントが実施する無料のキャリア相談もあります。

女性の相談に特化の転職エージェントもあるので、相談先を探す際は参考にしてください。

相談料が一切かからないのが転職エージェントの特徴ですが、その反面、転職を前提としたサービスになるので注意が必要です。

転職をするときめていて具体的なアドバイスが欲しい、希望に合った求人を探してほしい・紹介してほしいといった人には効率的に転職活動が進められるので、ぜひ利用しましょう。

ただし、転職を前提とせず、中長期的なキャリアプラン作成がしたいなどキャリア相談だけを希望する人には向いていません。

相談内容に合わせて選択することが重要です。

メガベンチャーやベンチャー、IT企業や営業職への転職を考えている人は、そちらに強みのあるすべらないキャリアエージェントがオススメです。

有料キャリア相談サービスと転職エージェントの違い

有料キャリア相談と、代表的な無料キャリア相談である転職エージェントを比較して、それぞれの特徴・違いを紹介します。

有料と無料相談のサービスの違い

有料相談は、対話やワークを通じた自己分析・自己理解、課題整理などじっくりと時間をかけて取り組む相談や、明確な悩みはないがモヤモヤが解消されないといった漠然とした悩み相談など、どのような悩みにも徹底的に向き合ってくれるのが特徴です。

誰かに悩みを聞いてほしい、一方的なアドバイスではなく一緒に考えてほしい、よりよいキャリアについて真面目に考えたい、といった場合は有料相談を利用するのがおすすめです。

無料相談は気軽に相談できるのが最大のメリットです。ただし転職・就職先企業からの紹介料で運営されているため、転職を前提としていない相談がしにくい点に注意が必要です。じっくりと時間を掛けた自己分析やスキルの棚卸しなど、一人ひとりの状況に合わせた真摯なアドバイスは期待できません。

逆に、転職を考えていて具体的なアドバイスや支援が欲しい場合は、効率的かつスピーディーなサポートが受けられる無料相談がおすすめです。

有料と無料相談の費用の違い

無料相談の場合、相談者に費用は一切かかりません。有料相談の場合は、1回あたり3,000~3万円程度と幅があります。

なお有料相談の場合は1回きりで相談が終了せず、半年~1年間と長期的にキャリア相談をおこなうのが一般的です。

総額で数万円~数十万円になる点も留意しておきましょう。

弊社が運営する有料相談サービスマジキャリも料金が発生しますが、初回は無料でコーチングをおこなっているのでぜひ気軽に相談しに来てください。

キャリア相談の流れ

キャリア相談の基本的な流れは以下の通りです。

相談申し込み、予約

webや電話などで申込をし、相談内容・相談日時を調整します。また、キャリア相談は対面かオンラインのどちらかで実施します。どちらも一長一短ありますので、相談しやすいサービス・相談形式を選びましょう。

課題や悩み、状況の共有

キャリアコンサルタントとの面談では、まず課題や悩みに感じていること・職場や業務の状況を話します。この時点では漠然としていたり、まとまっていなくても大丈夫です。日々感じているモヤモヤを漏らさず伝えられるように、箇条書きにしたメモをあらかじめ用意しておくのも良いでしょう。

自己理解を深める

共有した課題や悩みについてキャリアコンサルタントと対話を進め、より内容を掘り下げます。キャリアの考え方や価値観・軸を明確にすることが目標です。

具体的な目標、行動計画に落とし込む

自己理解を深め、理想のキャリア像が明確になれば、現状との差分を洗い出します。ギャップを埋めるための短期目標や目標達成に向けた具体的な行動計画を作成します。

数週間や数か月後に振り返り、今後のアドバイス

キャリア相談は一回で終了する場合もありますが、特に有料のキャリア相談の場合は中長期的なキャリア開発を目的としているので、複数回に渡って相談を継続することが多いです。

前回のキャリア相談で落とし込んだ行動計画と実際の行動を振り返り、上手くいった点・上手く出来なかった点を共有します。

キャリアコンサルタントは今後に向けた改善点やアドバイスをおこない相談者と一緒に行動計画をブラッシュアップすることで、スムーズにキャリア開発を支援します。

マジキャリも35日コースと75日コース、約6ヶ月コースとあり、お客様の課題に合わせて、中長期的にお客様の課題解決をお手伝いしています。

女性のキャリア相談ならマジキャリがおすすめ

社会人として働き始めてから、結婚・妊娠・出産・子育てというライフイベントや、昇格・中間管理職としてのマネジメントなど、女性のキャリアに関する悩みは尽きません。

目指したいあなたのキャリア像を実現するためには、一人で悩んで苦しむ前に女性の悩みに強いキャリア相談サービスを利用するのも一つの選択肢です。

中でも、女性のキャリアコーチが多数在籍するマジキャリは、一般的なキャリアの悩み相談から女性特有の悩みまで幅広い悩みに対応できます。

初回限定でコーチングが無料なので、興味がある人はまずはご利用ください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

末永 雄大Yuta Suenaga

アクシス株式会社 代表取締役
リクルートキャリア、サイバーエージェントを経て、2012年に同社を設立。 月間40万PVを誇る転職メディア「すべらない転職」やキャリアの有料パーソナルトレーニング「マジキャリ」を通じて20代のビジネスパーソンを中心にキャリア支援を行う。

この記事と同じカテゴリーの記事