明日からできる!内向的な性格を直して新しい自分になるための5つの方法

  • 2020.11.24

目次

目次を開く

「内向的な性格を直したい」
「具体的に何をすれば直せるんだろう?」

このようにお考えではありませんか?

この記事では、内向的な性格に悩む人に向け、下記を紹介していきます。

    • 内向的な性格が辛いと感じる瞬間
    • 内向的な性格を直す5つの対処法
    • 内向的な人だらこそ持っている3つの強み

記事を読むことで、あなたに合った内向的な性格の直し方と、あなただけが持っている強みを知ることができます。

内向的な性格について深く知り、自分を良く見せる方法を理解しておきましょう。

内向的な性格が辛いと感じる瞬間

内向的な性格だと、生きている中でツラいと思うこともあります。

たとえば、

    • 気を遣い過ぎてしまう
    • 上手くコミュニケーションがとれない

などといったことです。
少し具体的に見てみましょう。

気を遣い過ぎてしまう

内向的な性格の人は、他人に対して気を遣い過ぎてしまう傾向にあります。
それは、自分の中であれやこれやを考え過ぎてしまうからです。

たとえば、

    • 人の話に割って入ることができない
    • 電車で席を譲りたくても行動に移せない
    • はじめましての人だと遠慮して話しかけられない

など、どれもか自分の中で考えすぎてしまい、「迷惑かもしれないよな…」と自己完結してしまっているのです。

上手くコミュニケーションがとれない

内向的な人は、自分が思ったことや感じたことを率直に言えないため、コミュニケーションが苦手だと感じている人が多いです。

頭で考えすぎてしまうことから、口下手だと思われることも多いでしょう。

その点、外交的な人は人とコミュニケーションを上手くとることが得意ですから、引け目を感じて落ち込んでしまうこともあります。

内向的な性格を改善させる5つの方法

下記の対処法を用いることで、内向的な性格を改善することができます。

    1. 自分が頑張ったことに対して必ず褒める
    2. 外交的な人と仲良くなる
    3. 筋トレで身体を鍛える
    4. 小さな目標をクリアしていく
    5. 内向的な自分の強みを見つける

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

1.自分が頑張ったことに対して必ず褒める

内向的な性格を改善したい人は、自分が頑張ったことに対して褒めることが大切です。

自分がやったことを褒めることで、自己肯定感が強くなり、自然とポジティブな思考を持てるようになります。
自己肯定感とはその名の通り、自分を肯定してあげる気持ちです。

もちろん失敗をかえりみることも大切ですが、まずは挑戦したことを褒めてあげるとよいでしょう。

2.外交的な人と仲良くなる

内向的な人が外交的な人と仲良くなることには、下記のようなメリットがあります。

    • 互いを補い合える関係になりやすい
    • 自分に足りないものが具体的に見えてくる
    • 内向的な自分と外交的な人とを客観的に見比べられる

内向的な性格を直し、外交的な性格を手に入れたいという人には特に効果的な方法です。

3.筋トレで身体を鍛える

筋トレをすることで代謝が上がり、健康的な身体を維持しやすくなります。
そして、健康的な身体は精神的にも様々なメリットをもたらしてくれます。

たとえば、

    • 自分に自信が持てる
    • 気分的に落ち込みにくくなる
    • 脳が活性化して思考に余裕が生まれる

など、ポジティブなメリットがたくさんあります。

とはいえ、そこまで鍛え込む必要はありません。
筋トレが苦手だという人は、朝ジョギングするようにしたり、短時間で少し激しめの運動をしてみるなど、自分がやりやすいような形にして身体を動かすと良いでしょう。

4.小さな目標をクリアしていく

小さな目標をつくり、少しずつクリアしていくという方法もあります。

目標の大小に関わらず、自分に対しての約束(目標)をクリアしていくことで、やがて大きな自信がつきます。

また、目標とは目的に対しておこなうものであるため、自分が将来したいことや成し遂げたいことに対して目標を設定するとよいです。

たとえば、「副業で10万稼げるようになりたい」というものであれば、「副業に関する本を月に2冊読む」といった目標設定がおすすめです。

小さくてもよいので、着実にクリアしていける目標を設定してみましょう。

5.内向的な自分の強みを見つける

内向的な人だからこそ持てる強みというのがあるのですが、ネガティブに考えてしまう人はこれを見つけられない人が多いです。

自分の強みを知っていれば自信にもなりますし、内向的なであることを肯定的に考えられるようになります。

つまり、強みを知ることで自分を変えることも、自己肯定感を上げて自分を好きになることもできるのです。

では、内向的な人が持つ強みとは、どういったところにあるのでしょうか。次章にて紹介していきます。

内向的な人が持っている3つの強み

内向的な人が持っている強みは下記の通りです。

    • 自分以外の人の立場に立って考えられる
    • 一つのことに熱中できる
    • 余計なことを言って人を傷つけたりしない

以下では、上記の強みについて詳しく解説していきます。
自分自身の強みを客観的に知り、さらに理解を深めていきましょう。

自分以外の人の立場に立って考えられる

内向的な人は、自分以外の立場に立った物事を考えることができる人です。

自分では当たり前のように行っているかもしれませんが、人の立場に立って考えられるというのは中々できないことであり、大変素晴らしいことです。

あなたが発した何気ない一言に救われたという人も多いでしょう。
ですから、人とコミュニケーションを取る際も、自信をもって発言してよいのです。

また、他人の立場になって考えられるというのは、仕事をするうえでも役立ちます。
それは、「相手が何を求めているのか」「何といえば承認してもらえるか」などに思考を巡らせられるからです。

したがって、自分以外の人の立場に立って考えられるというのは、社会を生きるうえで必要不可欠なスキルであるともいえます。
そして、内向的な人は、すでにこのスキルを保有していることになるのです。

1つのことに熱中できる

外交的な人は注意散漫になりやすい一方で、内向的な人は1つのことに対して集中的に取り組むことができます。
これも立派な強みといえるでしょう。

たとえば、1つのことに集中できる人の強みは、下記のようなところにもあります。

    • 集中力が高く持続する
    • 得意分野に特化している

上記の2つも、内向的な人だからこそ持てる強みです。
どちらも、生きていくうえで非常に役立つ強みであることが分かると思います。

特に、何かに特化しているというのは、その分野の知識や経験を人よりも多く持っているということですから、生きていくうえで大きな強みになります。

余計なことを言って人を傷つけたりしない

内向的な人は、しっかりと考えながら発言をするため、余計なことを言って人を傷つけたりしません。

外交的な人が、「喋りすぎるあまり、余計なことを言って他人を傷つけてしまう」 いことがある一方で、内向的な人は共感力が高く、自分の中でしっかりと考えて発言をするため、人をむやみに傷つけたりしないのです。

ですから、内向的な人は、一緒にいることで心地よいと思われやすいという強みもあります。

人を楽しませることよりも、人を傷つけないあなたの強みを高く評価する人は、きっとこの世の中にもたくさんいるでしょう。

内向的な性格を直すも直さないもあなた次第

あなたの内向的な性格を、直すも直さないもあなた次第です。

ですが、知っておいてほしいのは、内向的な性格から生じるのはデメリットばかりではないということ。
むしろ、内向的な人だからこそ持もっている強みやメリットがあります。

自分が持つ強みと、デメリットを秤にかけ、それでも内向的な性格を直したいと思うのであれば、その時に直せばよいのです。

内向的な自分に自信が持てないのであれば、まずは自分自身が持つ強みや、内向的でいることのメリットを探ってみましょう。
すると、今あなたが抱える不安や悩みを解決するための最短ルートが見つかるはずです。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

すべらないキャリア編集部


「ヒトとITのチカラで働く全ての人を幸せにする」というミッションのもと、前向きに働く、一歩先を目指す、ビジネスパーソンの皆さんに役立つ情報を発信します。

この記事と同じカテゴリーの記事