語彙力を高めたい人必見!効果的なトレーニング法を大公開!

  • 2020.09.30

目次

目次を開く

語彙力はビジネスパーソンにとって非常に重要です。

なぜなら同じ能力を持っている人でも、語彙力の差で実績や周りからの評価に差が出ることがあるからです。

この記事では、語彙力を高める方法や語彙力を高めることのメリットなどを紹介します。

語彙力の意味

語彙力とは その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力という意味です。

そのため、語彙力が高いとは、ボキャブラリーの数が多く、実際に使える言葉の数が多いということになります。

語彙力を高める5つの方法

語彙力を高めるためには意識して言葉に触れることが大事ですが、具体的には以下5点を実践してみてください。

それぞれについて詳しく解説していきます。

言葉をインプットする

語彙力を高めるためにはとにかく活字に触れ、言葉をインプットすることが大事です。

読書、新聞、SNS、ブログに至るまでとにかく活字に触れましょう。

とくにビジネス書や経営書はビジネス上で使用する重要キーワードが多いので、ぜひチャレンジしてみてください。

言葉をアウトプットする

言葉は覚えただけでは身に付きません。インプット(覚える)をしたらアウトプット(書く、話す)をしましょう。

そのために業務やメール作成で覚えた言葉をブログやSNSで発信したりして、とにかく習得した言葉を使うと効果的です。

わからないことはすぐに調べる

スマホや辞書を片手にビジネス書や経営書を読み、分からない言葉はすぐに調べる習慣ををつけましょう。

スマホや辞書があれば、気になる言葉や表現が難しい言葉があってもその場で解決できますし、調べることで言葉も忘れにくくなります。

あらゆる事象に対して実況中継をしてみる

声に出さなくても問題ないですが、テレビのスポーツ中継や台風中継のように目の前の光景を言葉で表現する習慣をつけましょう。

目の前の光景を言葉で描写することで、自分の持っている言葉を有効に使って相手に物事を伝える能力を醸成できます。

また、この習慣によって単語力だけではなく、接続詞や比喩表現など文章作成や会話力をあげるうえで必要な表現力も得ることができます。

形容詞を使わない習慣をつける

「おいしい」や「すごい」などの形容詞は使い勝手がいい反面、使いすぎると中身のない会話になってしまいます。

実際、テレビのグルメリポーターは食べているものに対し、可能な限り形容詞は使いません。

視聴者にどんな美味しさなのか正確に伝えるため、薄っぺらい表現になりがちな形容詞は不要だからです。

そのため、形容詞を使わない習慣は、語彙力を増やしながら自分自身の表現力を鍛えるのに最適なトレーニングと言えます。

語彙を増やす3つのメリット

ビジネスにおいて語彙を増やすと以下3つのメリットがあります。

それぞれについて詳しく解説していきます。

物事の理解力が深まる、人の気持ちがわかる

語彙力の高い人は情報をうまく整理して、物事の本質を理解できます。その結果、あらゆる物事についてより核心に迫ることが可能です。

また語彙力がつくと、普段のコミュニケーションで相手の発した言葉に対して意図を察することができるため、人の気持ちも深く知ることができます。

交渉力が高まる

語彙力を鍛えることで、仕事に必要なコミュニケーション能力を向上させることができます。

その結果、周囲から一目置かれるようなスピーチやプレゼンテーションが可能になり、仕事での交渉もはかどります。

語彙力は交渉をするうえで重要な能力なのです。

文章力が高まる

語彙力を高めると、的確な言葉を使えることができます。

そのため、要点を捉えた適切な表現ができて、相手に読みやすいメールの作成も可能です。

文書やプレゼン資料を作成する際は上司や同僚から信頼され、メールでも的確にコミュニケーションが取れるため業務の質は向上し、業務時間も短縮できます。

つまり、文章力を高めることは仕事をする上で非常に得なのです。

語彙力がないことのデメリット

語彙力がないと、コミュニケーションは成立しません。相手が伝えていることの真意が理解できないからです。

また、言葉を知らないので、自分の伝えたいことや相手の期待に添えるような説明もできません。

語彙力がないことで理解できない、伝わらないコミュニケーションになることは大きなデメリットだと言えます。

語彙力がない人の3つの特徴

語彙力のない人に見られる特徴は以下の3つです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

本を読む習慣がない

活字に触れていない人は、会話など聴覚のみで言葉を知っていくことになります。

しかし、会話の言葉をすべてを記憶に留めておくことはできません。

よって、会話だけで語彙力を上げることは難しいです。

読書の場合は視覚に文字を捉えながら追っていくことができるので、言葉を記憶にとどめることができ、自然と語彙力も上がります。

そのため、読書の習慣のある人は語彙力が高く、読書の習慣のない人は語彙力が低いという特徴が現れるのです。

自信がない

語彙力がない人は説明力が低いため、伝えたいことをしっかり伝えられません。

その結果、自信をなくして伝えることを諦めます。

そんなケースが増えると、周囲からもプレゼンや商談の機会を減らされ、更に自信を失います。

語彙力がない人ことが原因でコミュニケーションの機会を奪われ、更に自信を失っていくという悪循環が生まれるという特徴もあるのです。

言葉を調べない

語彙力がある人は、知らない言葉があるとすぐスマホなどでその言葉を検索をします。

それに対し、語彙力がない人は、知らない言葉にであっても調べないで放置したままにして語彙を増やしていくという努力をしません。

語彙力のない人は、言葉に対する好奇心がない、知る喜びを知らないという特徴があります。

まとめ

ビジネスにおいて語彙力が高い人は、それだけで良い印象を与え、語彙力の少ない人は悪い印象を与えていまいます。

それほど語彙力の有無というのはビジネス上で影響が大きいのです。

語彙力は日々の心がけと積み重ねで確実に向上します。活字に触れる、覚えた表現を意識的に使うなど日々の行動を少しずつ変えていきましょう。

ぜひ、語彙力を高めてビジネスで活躍できるよう取り組んでみてください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

すべらないキャリア編集部


「ヒトとITのチカラで働く全ての人を幸せにする」というミッションのもと、前向きに働く、一歩先を目指す、ビジネスパーソンの皆さんに役立つ情報を発信します。

この記事と同じカテゴリーの記事