キャリアの悩みを抱えたらすべきことは?具体的な解決方法も紹介

  • 2021.07.28

目次

目次を開く

終身雇用を前提としない採用が一般的になった現代、キャリアの選択肢が増えたことなどの理由から悩みを抱える人が急増しています。

悩みは抱えたままだと深刻化し、理想の自分から遠回りしてしまう危険性もあります。キャリアの悩みを抱えたらまずすべきことを実践しましょう!

転職活動前によくあるキャリアの悩み

キャリアについて選択肢が多くなっている現在、キャリアについて悩みを抱えているビジネスパーソンが増えてきています。

多くの人は、キャリアについてどのような悩みを抱えているのでしょうか。ビジネスパーソンに多い悩みとその対処方法についてご紹介します。

主な転職活動前のキャリアの悩みは下記です。

年収が低い・上がらない

現職での年収が低い、年収が上がらないという悩みを抱えている人は非常に多いです。新卒から給与が上がらない、先輩のモデルケースを聞いて年収が上がらないということがわかったなど、年収を理由に転職を考える人も少なくありません。

一概に年収を高めるためだけを理由に転職をオススメすることはできませんが、もし転職を考える場合は、「なぜ年収をあげたいのか」「年収を上げるためにはどのようなキャリア戦略を立てるべきか」をキャリアコーチングや転職エージェントに相談する事がオススメです。

仕事が自分に合っていないと感じる

今の仕事にやりがいや達成感を感じない、自分の成長がなくキャリアアップができないなど、仕事環境に関する悩みを抱えている人も増えてきました。

自分に今の仕事があっていないため、転職を意識し始める人が多く、実際にスキルアップやキャリアアップが転職理由のトップ3以内に入るほどです。

自分の仕事があってないと感じたら、自己分析をおこない、自分がやりがいに感じることや苦痛に感じること、強み弱みを明確にしましょう。

また、将来のありたい姿を明確にし、自分のキャリアのゴールを設計することも大切です。

具体的には「doing(何をしたいのか)」と「being(どうありたいか)」の2つの要素で、将来のありたい姿を探すことがオススメです。

自分で設計したありたい姿を現実にするために、強みややりがいを最大限生かしてスキルアップできる仕事を見つける事が大切です。

この時気をつけなくてはいけないのが、What(何をするか、何の業界か、何の商材か) に囚われるのでなく、How(どのような仕事か、どんなスキルが身につくか、どのように働くか)に着目して、仕事を選ぶことです。

例えば、スポーツに関わる仕事をしたい人が、スポーツ用品店の販売員に転職します。

スポーツ関連の商品を取扱なので、希望には合っていますが、「どのようにありたいか」を明確にしていなかったので、やりたくない販売職についてしまうことになりました。この結果、やりたいことが見出せず、早期退職となってしまうのです。

将来への不安がある

近年では、IT化やグローバル化による市場競争の激化などの要因から将来に不安を感じる人も急増しています。それを払拭するために、今の会社より良い条件で働ける転職先を探している人もいます。

昔とは違い、終身雇用が崩壊しているため、1つの会社に腰を据え続けることがなくなってきました。

それにより、ビジネスパーソンは自分自身の市場価値を高めていく必要が出てきたのです。競争の激しい社会を生き抜いていくためにも、市場の大きい業界で、高度なスキルを身に着ける、という2点を意識してキャリア設計していくのが良いです。

転職活動中によくあるキャリアの悩み

転職の意向がかたまり、いざ転職活動をしていても、色々悩みは出てきてしまうもの。転職活動をしている人はどのような悩みを抱え、その悩みを解決しているのでしょうか。

主な転職活動中に見られるキャリアの悩みは下記です。

現職との時間の調整に苦労する

転職活動は、何より時間がかかります。離職中であれば、その点は事欠きませんが、会社に勤めながら、転職活動をおこなうとなると、求人の選定、面接日程の調整などやらなくてはならないことは多く、現職との時間調整に苦労する人も多いです。

そういった時間調整に苦労している人は転職エージェントを使うのがオススメです。キャリアカンセラーが、希望にあった求人案内などもしてくれ、応募から日程調整まで代行してくれるため、自分にかかる負荷を軽減することができます。

情報収集がうまくできない

自己分析や情報取集がうまくできないと悩みを抱えている人も多いです。現職に勤めならがらだとじっくり自己分析や企業研究のための情報収集もしずらく、手間をかけられないため、精度が心配である声もあるようです。

転職後のミスマッチを防ぐ意味でも少しでも多くの企業の情報は収集するべきです。

相談相手に悩む

転職の悩みを抱えたとき、誰に相談すべきか悩む人も多いようです。転職に関する悩みは、誰にでも打ち明けられるものではありません。

そのため、相談相手が見つからず自分だけで悩みを抱えてしまい、悩みを抱えたまま転職活動をおこなっている人も多いです。しかし、悩みを一人で抱え込んでしまうと、辛くなってしまい、焦りの転職活動や、満足のいかない転職活動の結果に終わってしまう可能性もあります。

相談相手に悩んだら、「マジキャリ」への相談がオススメです。厳選されたキャリアのプロが相談者の悩みを解決に導いてくれます。

初回限定で無料相談もおこなっているため、ぜひお越しください。

転職活動後によくあるキャリアの悩み

転職活動が終わることがゴールではありません。そこからが新しいスタートになるため、悩みはつきものですが、転職活動でしっかり自己分析をおこなっておかないと、以下のような悩みが発生してしまう可能性があります。

転職活動後に見られるキャリアの悩みは下記です。

人間関係に悩む

仕事の悩みで最も多いのが「人間関係」といっても過言ではないほど、人間関係に悩むというビジネスパーソンも少なくありません。

そのため自己分析をしっかりおこない、自分がどのような環境でどのような人と働きたいかを明確にしておく必要があります。

しっかりと転職エージェントやマジキャリなどのキャリアコーチングサービスに自分の大切にしている価値観を共有し、希望の環境に沿った職場を選びましょう。

聞いていた仕事内容や条件が異なる

入社後と入社前のミスマッチが発生し、聞いてた仕事内容や条件と異なるというケースも少なくありません。

特に未経験職種に応募したケースによく見られることで、イメージしていた仕事内容と異なることをはじめ、残業が多い、昇級しにくい、すぐに異動したなど様々。

求人票などに書いてある、表面的な職務内容だけで判断するのでなく、会社説明会に参加したり、実際に働いている人に質問するなどして、業務理解を深めてから、転職先の意思決定をおこなうことが重要です。

社風や文化に馴染めない

企業における会社理念や行動指針がそれぞれ違うように、文化も会社によって全く異なります。そのため、以前に会社と転職先の企業の社風や文化が全く違い、馴染めないという悩みを抱える人もいます。

会社の社風や文化に関しては、文章だけでは把握することは難しいでしょう。実際に、その会社を知る人にアドバイスを受けると事前に、社風や文化を知ることができます。

転職セミナーや説明会に参加するほか、転職エージェントは、実際に企業へ赴いて会社の雰囲気や社風などを把握しているため、相談すると良いでしょう。

キャリアに悩んだときは徹底的に自己分析するのがオススメ

キャリアについての悩みを解決するためには、自分がどのようなことにやりがいを感じ、どんな強みがあるのか、どうなりたいのかを整理しておくことで、現在のキャリアへの納得感が生まれます。

そのため、自己分析を徹底的におこなうのがオススメ です。では、どのように自己分析すれば良いのか以下で解説していきます。

納得感のある自己分析をおこなう方法

社会人がやるべき自己分析方法をお教えします。

社会人の自己分析では、まず自分の現在地を知ることが重要です。旅行と一緒で、目的地が決まっていても、現在地が明確でないと、道順や最短距離なども分からず、どのような交通手段で目的地へ迎えばいいかさえ分からず、最終的には迷子になってしまいます。

これは自己分析も同じことが言えるのです。
そのため、よりリアリティのあるプランニングをおこなうために、現在地を知ることが重要なのです。

自分の現在地を知るためには、以下11つの質問に答えてみてください!

    1. 業務内で成果をあげられたことは?
    2. これまでのチームや会社に貢献したことは?
    3. 他の人は苦労しているけど、自分はうまくできることは?
    4. 業務内で工夫していることは?またなぜそれをやろうと思った?
    5. 人からどういう人と言われやすい?
    6. 小学校になるまでどんな子供だった?
    7. 元々の性格が変化した転機はあった?あった場合、どのような変化が自分にあった?
    8. 自分が今いる業界だからこそ身についた知識やスキル、取得できた資格は?
    9. 昔から好きだったことは?進んでやってしまうことは?またなぜそうなのか?
    10. 仕事においてのやりがいや楽しいと感じる瞬間は?またなぜそうなのか?
    11. 仕事においてつまらないことや嫌だと感じる瞬間は?またなぜそうなのか?

全ての質問に回答ができたあとは、まとめてみましょう!
あなたの現在地が見えてくるはずです。

自己分析後、自分の現在地がわかったら、あなたの将来像と接続する作業をおこなうことで、よりリアリティのあるプランニングが実現できます。

将来像を明確にする方法も知りたいと思う人は、有料キャリアコーチングサービスのマジキャリで徹底的におこなうのがオススメ です。現在マジキャリは初回限定コーチングが無料で体験できますので、この機会にぜひお問い合わせください!

キャリアコーチングを利用して自己分析するのがベスト

自己分析は1人でやるのには限界があります。キャリアコーチングサービスを利用することで、専門知識が豊富にあるキャリアコーチと一緒に、徹底的な自己分析、キャリアプランの設計、キャリアアップ支援を受けることができます。

キャリアコーチが、やりかたや手順を示してくれるだけでなく、考えかたなども指導してくれます。キャリアに関する幅広い悩みに対し、問題も解決してくれるため、自分一人での自己分析に不安を抱えたら、キャリアコーチングに頼るのオススメ です。

キャリアコーチングサービスについてはこちらの記事で詳しく説明してますので、ぜひこちらも合わせてご覧になってください。

転職を考えるならキャリアコーチングがオススメ!コーチングの活用法を解説

納得感のある自己分析が出来るキャリアコーチングサービス3選

「自分が納得のいく自己分析をしたい」ためにキャリアコーチングサービスがオススメ です。自分の納得がいく自己分析ができるキャリアコーチングサービスを3つご紹介いたします。

マジキャリ

マジキャリは、「ありたい姿」を徹底的にサポートしてくれるサービスを提供しています。

自己分析は過去の棚卸しから丁寧に実施、自己分析をもとに将来のキャリア設計まで実施、「5年後、10年後のなりたい自分」を明確にし、自分が歩んでいくべき中長期的な目標設定までおこなってくれます。

マジキャリは、転職エージェントとしても実績を積んでいるアクシス株式会社が運営しており、転職における知識が豊富なキャリアコーチが在籍しており、信頼をおける人からサポートを受けることができます。

ポジウィル

ポジウィルでは、ライフステージに合わせたキャリア設計をサポートするサービスを提供しています。自己分析は、「ありたい姿」を自問自答し、自分の将来像をイメージしていくことから始まります。

自分の理想とのギャップを明確にし、過去を棚卸ししていくことで、自己分析をおこなっております。このように、やりたいことを明確にし、実行までをサポートまで任せられるのが特徴です。

きづく。転職相談

きづく。転職相談では、個人に合わせたキャリアコーチングプログラムを提供しています。1ヶ月の短期サポートコースのみとなりますが、自己分析からキャリア設計まで、専門知識を有したコーチがサポートしてくれます。

そのほか、副業アドバイスや転職エージェント分析など、個人のニーズにあった相談が可能です。

キャリアの悩み相談はマジキャリがオススメ

キャリアに悩みを抱えている人には、キャリアコーチングのマジキャリの利用がオススメです。

マジキャリは、転職エージェントのように転職ありきのサービスではないので、あなたのキャリアの悩みをどのようにしたら解決できるのかを一緒に考えます。

あなたが課題解決の行動をおこなえるよう、しっかりとコーチがサポートまでおこないます。

もちろん、転職が必要な場合は、どういった業界や職種、会社が合うかを考え、内定獲得の選考対策も実施します。

担当するコーチは、あなた専属でつきます。転職支援実績多数の元転職エージェントや、コーチング資格を有したプロのキャリアコーチが担当するので、安心です。

初回限定で無料コーチングも実施しているため、キャリアにお悩みの人はぜひ相談にお越しください。

この記事をシェアする

この記事を書いた人

末永 雄大Yuta Suenaga

アクシス株式会社 代表取締役
リクルートキャリア、サイバーエージェントを経て、2012年に同社を設立。 月間40万PVを誇る転職メディア「すべらない転職」やキャリアの有料パーソナルトレーニング「マジキャリ」を通じて20代のビジネスパーソンを中心にキャリア支援を行う。

この記事と同じカテゴリーの記事