キャリアの悩みを抱えたら?考えを整理して選択肢を広げよう!

  • 2022.01.27

目次

目次を開く

キャリアノイローゼが急増する世の中

「終身雇用制度の崩壊」や「働き方の多様化」によりキャリアの選択肢は広がりをみせています。

将来の可能性が広がることで明るい未来が見える一方、キャリアについて悩みを抱える人も急増しているのです。さらに、深刻に悩んでしまうことで精神的に負担がかかり「キャリアノイローゼ」にかかってしまう人も少なくありません。

キャリアノイローゼになると自分の選択に自信がなくなり、強い不安を感じ、自分にとって適切な選択ができなくなってしまいます。

キャリアノイローゼにならないためには、一度立ち止まって自分のキャリアのことが大切です。本記事が、キャリアの悩み解決に少しでもお役立ちできれば幸いです。

【年齢別】キャリアの悩み

キャリアの悩みは年齢によって大きく異なります。キャリアの悩みによってキャリアプランの描き方も変わってきます。マイナビの調べを元に、まずは年齢別に抱えやすいキャリアの悩みについて詳しくみていきましょう。

20代はライフワークバランスや将来性

20代のキャリアの悩みで最も多いのが、ライフワークバランスや将来性についての悩みです。

20代はまさにこれから結婚や出産などのライフイベントを迎えていく年齢でもあります。そのため、仕事に対しライフワークバランスが取れていない場合、このままで自分自身が大丈夫なのかと悩みを抱えてしまう傾向にあります。

また、20代はこれからスキルや経験を積んでいく年齢に差し掛かります。

自分がどのような仕事を選ぶべきかを将来を見据えて考え、深く悩んでしまう20代も少なくありません。20代はこれから先に続く社会人生活でどのような選択をしていくべきかを悩む人が必定に多いのです。

キャリアコーチ 佐藤

弊社のキャリアコーチングサービス「マジキャリ」にも将来について悩む多くの20代が相談に来ます。

上記のような悩みを相談し、10年後までのキャリア設計をすることで、今何をすべきなのかアクションを明確にすることができます。1人でキャリア設計をすることが難しい人は、マジキャリの初回無料面談で相談してみてください。

オススメのキャリアコーチング

  • マジキャリ

    【初回ご相談無料】満足度92%!転職エージェントのノウハウから理想キャリアへのアクションを提案!

    満足度
    4.8

30代はスキルアップや年収

30代はある程度仕事に関して経験を積み、実績を積み自分の得意とする分野が固まっている年代です。

しかし、今の時代「リスキリング」などが注目され、「営業とマーケティング」「エンジニアと営業」など、得意分野プラスアルファのスキルが求められます。

30代では、将来自分のキャリアにおいてどのようなスキルアップを目指すべきか、または、どのようなスキルを伸ばし、新しく身につけていくべきかを悩む人が増加傾向にあります。

また、30代になると家庭を持つ人も増加するので、結婚や出産、親の介護などのライフイベントに直面していく年代でもあります。

家庭を支える年代であるのに平行して、お金がかかるシチュエーションも増え、自分の収入が安定してるかなどの心配ごとも増えていくのが30代です。

スキルアップや年収アップを目指すのであれば、まず自分の強み・弱みを正確に理解しておく必要がありますね。

弊社のキャリアコーチングサービス「マジキャリ」の徹底した自己分析の結果、強みを活かしたキャリアでの成功事例もあるので、是非読んでみてください。

    マジキャリ受講後の変化

    キャリアコーチングの「マジキャリ」を利用したお客様の中には、利用前は販売で店舗最下位だったお客様が、隠れた強みに気づき、業務の方法を変えたことで、マジキャリを卒業後、会社内で全国で6位になるまで変わることができたという事例もあります。

マジキャリ体験談を読む

40代はマネジメント

40代になると役職につき、部下を育てる立場になる人も増加していきます。

40代の多くは部下とコミュニケーションを図り、良好な関係を築いていこうと努力をする人も多いですが、ジェネレーションギャップに悩んでしまう人も少なくありません。飲みニケーションなどを利用してプライベートだけ良い関係を築いていけば良いという考えは受け入れられなくなってきたのです。

部下の気持ちを汲み取ったコミュニケーションが求められるため、部下との関係に悩みを抱いてしまう40代は多いようです。

50代は自己成長

この先にある役職定年などのキャリアの転機を迎える日が迫る50代では「自分の市場価値」を高めるためにキャリアについて改めて考える人が増加しています。

「終身雇用」や「年功序列」の中で社会人生活を送ってきた年代でもあるため、企業によったキャリアプランしか設計してこれず、自分の市場価値や強みをしっかり整理し、イメージをつかめていないことが要因となっているケースが多いのです。

様々な働き方ができる今の時代で、役職定年後のキャリアについて深刻に悩んでしまう人も増加しています。

まずはキャリアについて整理しよう

キャリアに悩みを抱えてしまう根本の理由として、自分自身がキャリアに対する考え方を整理できていないことが挙げられます。

キャリアについて悩みを抱えたら、まずは自分のこれまでのキャリアについて整理してみましょう。

整理すべき項目は以下の通りです。

    1. 「仕事」の位置づけ
    2. 自分の価値観
    3. 自分の市場価値

「仕事」の位置づけ

キャリアについて整理するにはまず、あなたにとっての「仕事」の位置付けを考えてみましょう。

あなたにとって「仕事」とはどのようなものなのでしょうか。

その答えは人によって異なります。「自分の市場価値を高めてくれるもの」と考える人もいれば、「ただ収入を得るだけの手段」など割り切って考える人もいるでしょう。

このように、自分にとっての仕事の位置付けを明確にしておくことで、それがキャリアの軸となり、整理しやすくなるのです。

自分の価値観

仕事の位置づけを明確にすることができたら、自分の価値観とも向き合いましょう。

例えば、「社会貢献をしていくこと」に価値観を見出している人もいれば、「キャリアを積みたい」と考える人もいるでしょう。

人の価値観は今現在で形成されたものもあれば、過去から大切にしている価値観もあります。自分の過去を振り返りながら価値観を掘り下げていくと、自分の価値観や考えを整理できます。

自分の市場価値

自分の市場価値を掴んでおくと、この先のキャリア設計に役立てることができます。

市場価値を知る指標として、以下3つの項目を挙げてみましょう。

    • ヒューマンスキル
    • テクニカルスキル
    • コンセプチュアルスキル

ヒューマンスキルとは、良好な対人関係構築のためのスキルです。仕事は人とするものですから、コミュケーション能力や対人折衝能力は不可欠です。

テクニカルスキルとは、技術的なスキルのことですが、職種によって求められるスキルが異なります。既に身に付けているスキルと、獲得しなければならないスキルを明確にし、キャリア設計の材料にしましょう。

コンセプチュアルスキルとは、概念化能力のことです。つまり、さまざまな知識を組み合わせ、物事の本質を把握できる能力だと言えます。具体的には論理的思考力や問題解決力などを指しますが、どれも汎用できるスキルなので非常に重要です。

以上、3つの指標を元に自分の市場価値を認識してみましょう。

女性のキャリアはライフイベントに注意

ダイバーシティの促進により、多くの企業では女性が活躍しやすい環境が整えられています。

しかし、女性にはライフイベントも多いため、以下で説明する2点に配慮しながらせ今後のキャリアの整理していくと、自分の理想像に近づくことができます。

ライフイベントを考える

結婚や出産などのライフイベントは、そのタイミングや選択によってキャリアが変化していきます。

結婚を機に退職する、出産のため仕事を離れるなど人によって選択は様々です。そのため、「仕事」をどう位置付けていくかを女性の場合はよりシビアに考えていく必要があります。

自分が仕事を通じて実現したいこと、どういった価値観で仕事していきたいのかをしっかり整理してキャリア設計をするようにしましょう。

子どもについても考慮に入れる

キャリア設計をしていく上で、子どもについても考慮する必要があります。

子どもが何人欲しいか、どのように子供を育てていきたいかによってもキャリア設計は変えていかなければなりません。

例えば、子どもが2人でできるだけ子育ての時間を大切にしたいのであれば、産休制度があり、時短で働くなどの働く環境が必要になるでしょう。出産・子育てについてもイメージしてキャリアプランに落とし込むようにしましょう。

キャリアコーチ 佐藤

女性として、将来のキャリアを考える機会は多いですよね。うまく両立したい、キャリアを諦めたくないという人をたくさん支援してきました。

まずは自分の人生で優先したい価値観やキャリア感などを明確にしていきましょう。「マジキャリ」ではそのお手伝いができるので、是非初回無料相談を利用してみてください。

初回無料面談に申し込む

キャリアの悩みを解決する方法

実際にキャリアの悩みを抱えたらどのように解決していけば良いのでしょうか。キャリアの悩みを解決するのに有効な方法を3つご紹介します。悩み解決の参考にしてみましょう。

自己分析をする

キャリアの悩みを解決するためには自己分析をおこないましょう。自己分析は自分の経験やスキルを棚卸しすることから始めます。自分が過去にどのようなスキルや能力を身につけ、どのような経験をしてきたかを洗い出し、書き出していきましょう。

キャリアコーチ 佐藤

弊社のキャリアコーチングサービス「マジキャリ」では、初回無料面談に申し込んだ人へ、独自に作成した自己分析シートをお配りしています。

徹底的にキャリアと向き合いたくサービスに興味がある人や、まずは初回無料面談で自己分析の方向性を知りたい人などは、以下から初回無料面談に申し込んでみてください。

初回無料面談に申し込む

転職やキャリアに関する本を読む

自分自身でキャリアの整理をしても、悩みを解決することが難しい場合もあります。

転職やキャリアについてのコツやノウハウなどがなければ根本的な問題解決に向かうことが難しいというケースもあるからです。

そういった場合には、転職やキャリアについてのビジネス書を参考にするのもおすすめです。転職活動をしていく考え方や適正を見つける方法、これからのキャリアを見直す方法などのノウハウを伝授するものもあります。

自分の悩みが解決できる本を探し、参考にしてみるのも問題解決へ前進できるといえます。

    おすすめ書籍

    • 転職の思考法
      (著者:北野 唯我/ダイヤモンド社)
    • 科学的な適職
      (著者:鈴木祐/クロスメディア・パブリッシング)
    • 思考のコンパス ノーマルなき世界を生きるヒント
      (著者:山口 周/PHPビジネス新書)
    • 世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド
      (著者:八木 仁平/KADOKAWA)

キャリアコーチに相談

転職やキャリアについての悩みは、1人で解決するには限界があります。自分1人ではキャリアの整理や自己分析、キャリアプランの作成などにおいても主観的な視点のみとなり、その分選択肢を狭めてしまう要因となってしまいます。

また、客観的な視点があれば良いというものではありません。転職やキャリアに関する知見のあるプロの力を借りることで、自分でも知ることのなかった可能性に出会うことができるのです。

有料のキャリアコーチングサービスは、相談者の価値観や考えに添いながらキャリアプランの作成を支援。自己分析などを徹底的に行うことで、一緒にキャリアの整理やこれからの行動などの納得がいくまで相談にのってくれます。

幅広い選択肢を見出すことができ、そのなかから自分の納得いく解決策を見つけることができるため、納得感のいくキャリアを歩むことができるようになるのです。

自分1人では不安、キャリアの整理や自己分析が困難である場合には、キャリアコーチに相談してみましょう。

初回限定で無料コーチングも実施しているため、キャリアにお悩みの人はぜひ相談にお越しください。

オススメのキャリアコーチング

  • マジキャリ

    【初回ご相談無料】満足度92%!転職エージェントのノウハウから理想キャリアへのアクションを提案!

    満足度
    4.8

この記事をシェアする

この記事を書いた人

末永 雄大Yuta Suenaga

アクシス株式会社 代表取締役
リクルートキャリア、サイバーエージェントを経て、2012年に同社を設立。 月間40万PVを誇る転職メディア「すべらない転職」やキャリアの有料パーソナルトレーニング「マジキャリ」を通じて20代のビジネスパーソンを中心にキャリア支援を行う。

この記事と同じカテゴリーの記事