転職の悩みを解決するには相談相手が鍵!自分の適切な相談相手は?

  • 2021.08.23

目次

目次を開く

転職の悩みは、多くの社会人が抱えるものです。しかし、悩みは一人で抱えていては解決することができません。

そのため、誰かに相談すべきですが、相手を選ばなければ自分にとって悪影響となる可能性もあるので、注意しなくてはなりません。では、適切な相談相手とは誰なのでしょうか?

転職で悩みは抱え込まないほうが良い!

転職の方向性の悩み、転職を決断すべきかの悩み、転職には多くの悩みがつきものです。
その悩みは、一人で抱え込まずに、悩みを誰かに打ち明けたほうが、より良い解決策が見つかる可能性が高いです。

悩みは一人で抱えていると、自分なりの解決策は見つかりますが、それはあくまで主観的な考えです。

自分の知識の範囲内で決断していかなければならなくなります。転職の決断は人生を大きく左右する重要なものです。だからこそ、できるだけ選択肢を広げていくために、人に相談する事が良いのです。

人に相談することで、悩みに対し、客観的な意見が聞け、自分が持っている情報以外の情報を得ることができます。それにより思ってもみなかった解決策が見つかる可能性があり、一人で悩みを抱えるよりもずっと選択肢を広げることができます。

第三者への相談は、「マジキャリ」のようなキャリアのプロがおすすめです!

転職の方向性が決まらず悩んでいる人におすすめの相談相手

転職の方向性が決まらず悩んでいたら、「まずは相談」といっても、誰にでも相談していいわけではありません。

転職エージェントなどは、相談はのってくれますが、求人を紹介することがメインになっているため、転職をすると決めている人でないと向いていません。

転職を前提としない相談の場合は、以下のような相手があります。

キャリアコーチングサービス

転職の方向性を相談する相手としてキャリアコーチングサービスを利用すると良いです。

キャリアコーチングサービスでは、専門知識を有したプロのコーチが悩みを聞いた上で、問題解決に向けたアドバイスや、意思決定のサポートをしてくれます。

キャリアコーチングサービスでは、自己分析やキャリアデザイン設計、目標設定の支援 など、過去と将来を明確にした上で、転職をするかしないかの意思決定から、キャリアの方向性、転職活動の方向性を見出してくれます。

このように、短期的でなく長期的な問題解決ができ、キャリアに関するあらゆる悩みが解決できるメリットがあります。

ただし、初回が無料の場合もありますが、一般的に料金がかかる場合が多いです。

ですが、相談者が料金を払う分、転職することを必須としない中立的なアドバイスをもらえるため、フラットに相談できる点でも、キャリアコーチングサービスはおすすめです。

有料キャリアコーチングサービス「マジキャリ」では、初回限定でコーチングを無料でおこっているので、キャリアにお悩みがある人はぜひ相談しにきてください。

お仕事アドバイザー

厚生労働省が運営している「お仕事アドバイザー」も、相談相手の1つです。

キャリアコンサルタントが転職やキャリアについての悩みについて、丁寧に答えてくれます。転職エージェントのように、求人に寄らず、中立的な立場でアドバイスしてくれるので、転職の決意などもつけやすいです。

ただし、電話やメールで相談ができますが、対面では応じてくれない、専属のキャリアコンサルタントに継続的に相談できないため、短期的に問題解決できる悩み、第三者の意見が欲しいときに利用するのが良いかと思います。

身近な相手

転職の方向性が決まっていなかったら、家族や友人などの身近な相手に相談する人も多いかと思います。身近な相手は、お互いによく知っているので、相談もしやすく本音で話せるメリットがあります。

また、お互いによく知っている間柄だからこそ、自分でも気づかない客観的な意見を得ることができます。

しかし、身近な相手を相談者においた場合、愚痴だけの会話になってしまうことがあったり、キャリア相談のプロではないので、適切なアドバイスがもらえないことがあるので注意です。

転職の方向性・希望条件が明確な人におすすめの相談相手

すでに転職の方向性や条件が明確に決まっていても、「どのような企業を受けるか」「どのような求人が良いか」など、より具体的な悩みを持たれる人は多いです。

以下で挙げる相談相手は、転職を前提としたサービスを提供しているため、上記のようなお悩みをお持ちの人の相談相手としてぴったりです。

転職エージェント

転職を前提としているなら、転職エージェントは良い相談相手となります。転職エージェントでは、転職市場の知見が深いキャリアアドバイザーが在籍しており、転職に関するアドバイスを受けることができます。

さらに、求人紹介や面接対策など、転職支援も受けることができ、悩みを解決しながら、プロの視点に沿った転職活動を進めていくことが可能です。

転職をお考えでしたら、転職エージェントの「すべらないキャリアエージェント」をご利用ください。厳選した優良求人のみを取り扱っており、ベンチャー企業やIT企業、営業職への転職支援を得意としています!

ハローワーク

ハローワークでは、求職活動のほか、転職に関する悩み相談をすることができます。

公的機関が運営しているので、営利目的でない分、無理に求人に応募しようと営業はされません。

全国に540以上の事業所がありますが、地域に特化しているため、幅広い地域で転職したい人には向かず、地元で働きたい人向きです。

転職の悩みを相談してはいけない相手

転職に関する悩みはデリケートであるため、取扱には注意しなくてはなりません。転職に関する悩みを間違った相手にすることで、トラブルに繋がる可能性があります。

なるべく以下のような相手には転職に関する相談は避けるようにしましょう。

同じ会社の同僚

同じ会社の同僚は、会社が同じだけあり、会社の内情や仕事内容も理解してくれているため、良い相談相手に思えますが、転職の悩みは打ち明けないほうが無難です。同じ会社に所属しているため、転職を考えていることが会社内に漏れるリスクもゼロではありません。

また、相談して悩んだ結果、「転職しない」道を選んだ場合、噂が広がり今後の業務に悪影響を及ぼす可能性もあります。

このように、リスクを背負って相談するよりも、リスクの少ない相手に相談するほうが良いため、会社の同僚は転職相談の相手としておすすめできません。

会社の上司

会社の上司は、自分より経験も豊富であるため、良いアドバイスをもらえそうな相手ですが、転職の相談はしないようにしましょう。

もし、会社の上司に転職の相談をしてしまったら、「転職を考えている」ということになってしまうため、雰囲気が悪くなり、職場にいづらくなってしまう可能性があります。

さらに、転職の意思を伝えてしまうことで、「転職しない」道を選んだ場合、自身の評価に大きく影響を及ぼしてしまいます。会社の上司は、転職ではなく、仕事の悩みを相談するに留めておきましょう。

転職の悩みを相談するときに準備すべきこと

転職の悩みは、的確に伝えなくては相手にもどのようなことを悩んでいるのか伝わりづらくなります。悩みが伝らないことで、問題解決が遠ざかってしまうので、しっかり悩みを相談する前に、整理しておくようにしましょう。

悩んでいることを言語化しておく

自分が悩んでいることを言語化しておくことは、悩みを整理する上で非常に有効です。自分が悩んでいることが明確になっていないと、転職先でも同じ悩みに苦しめられるかもしれません。

相談相手にも悩んでいるポイントを率直に伝えられるようになるだけでなく、悩みを言語化することで、自分の悩みを客観的に見ることができるので、解決の糸口を見るけることにもつながります。

転職の意志を確認する

人に悩みを相談する前に、改めて転職の意志を確認しておくようにしましょう。転職には時間と労力がかかります。

もし、転職という道に進むとしたら現状、割ける時間と労力があるかどうかを改めて確認しておくと良いです。

また、それと当時に、転職することで解決される悩みであるかどうか、転職は衝動的な感情で考えていないか改めて自己分析することで、自分が思っていることも明確にでき、相談相手に課題がある程度明確な状態で相談できるので、解決策のアドバイスがもらいやすいです。

転職相談ならマジキャリ

転職相談をするなら、キャリアコーチングサービス「マジキャリ」がおすすめです!

マジキャリは、あなたが抱える課題が何なのか、その課題は転職で解決できるのか、どのように解決したら良いのか、といったことまで丁寧にアドバイスします。

コーチはあなた専属でつくので、安心です。転職支援実績多数の元転職エージェントや、コーチング資格を有したキャリアのプロが担当します。

また、マジキャリは独自のプログラムとコーチング技術を駆使して、お客様の自己分析から、将来のありたい姿の言語化、キャリア設計までもをお手伝いしています。

その結果、お客様満足度は業界高水準の92%を誇ります。

転職の相談相手に悩んでいる人は、初回限定無料のコーチングにぜひお越しください!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

末永 雄大Yuta Suenaga

アクシス株式会社 代表取締役
リクルートキャリア、サイバーエージェントを経て、2012年に同社を設立。 月間40万PVを誇る転職メディア「すべらない転職」やキャリアの有料パーソナルトレーニング「マジキャリ」を通じて20代のビジネスパーソンを中心にキャリア支援を行う。

この記事と同じカテゴリーの記事